俺とうしとら

かなり記憶があやふやだけど、

俺が初めて買ったうしとらはなぜか13巻とか中途半端な数字でさ。

その日、除夜の鐘を突きに行くっていうイベントに釣られた俺は
大晦日に友達の親戚の家になぜかお泊りに行っててね。

しかしまあ行ったはいいけど、知らない家にいる居心地の悪さからか、
気を紛らわそうと近くの書店に行ったんですよ。

そこでなにも考えずに手に取ったのが、
中途半端な巻数ながらも妙に目をひいたうしおととらだったわけです。
この時除夜の鐘を突きにいくなんて誘いにほいほいついていってなければ、
俺とうしとらとは出会ってなかったかと思うといろいろと感慨深いものがありますね。


余談ですが、
割り当てられた寝室で漫画を読みふける俺の隣の部屋で、
俺の友人が、その家の爺様からこっそりお年玉をもらっているところが筒抜け状態だったために、
居心地の悪さは加速していき、うしとらという世界にさらに没頭(逃避)していく事ができたという心温まるお話です。

二度と年末年始は人の家にいかねえぞと心に誓った幼き俺でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あせお

Author:あせお
ヽ( ・∀・)ノ

最新記事
最新コメント
カテゴリ